愛を贈りたい

何もできない。

けど、写真を撮ることはできる。

もし、自分が乳がんになったら、自分は自分の写真を撮るのか。

正直わかりません。

ですがその撮る写真は、

確実に自分の人生の歩みの証明

だと思えるもの。

になると思います。

—-

もし、私が撮られる側になったら、どんな風に撮影をしてほしい。。?

それを考えていくと、まず自分が女性であることを嬉しく思いました。

自分だったら、女性になら自分の体を見せることができると思ったから。

それだけでもう自分には、

このヌード撮影をすることの権利は、与えられていると感じました。

—–

もし、私が撮られる側になったら、どんな風に撮影をしてほしい。。?

抽象的ですが、

撮影を通じて、私の「愛」を伝えられたらと今は思います。

今も毎回模索しながらですが、撮影を通じて

ただ目の前のお客様に対して、愛を贈っています。

(つづきます)

始めに

幸野朱里

名古屋を拠点に、女性ヌード撮影を行っています。

詳細はこちら

http://www.photo-nude-ash.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中