始めに

人生を1枚で変えてみませんか。

私が提供しているもの・したいものは、
今の記録になる写真だけではなく、お客様の自己受容感や、
自己肯定感を高められる様な
未来を明るく描ける様な写真。

一歩踏み出そうとした感情に立ち返る事の出来る写真の提供、

そして、人生の新たなステージに進む勇気と希望を与えることです。

—-

私が、写真家として独立して1年後の2013年のある日のこと。

「ヌード写真撮っていただけますか?」

思いがけず寄せられた女性からの相談がきっかけとなり、初めての撮影。

以後、要望とする人が後を絶えず、ヌード写真を撮り始めて9年目を迎えました。

彼女たちは、なぜ撮ろうと思ったのか。

その決断に至るまで、十人十色の苦難の物語が存在していました。

そして共通する願いは、生き方を変えたい、新しい自分と出会いたい、というもの。

ありのままの今の姿を受け入れ、

まだ見ぬ栄光と輝かしい未来を掴みたいという強い意志を感じながら、

私はシャッターを切っています。

そうして出来上がった写真を見せた途端、彼女たちの表情が晴れやかになるのを垣間見ます。

ヌード写真は、一生涯で撮らない人が大半です。

ですが、もし挑戦したい想いや殻を破りたいと考えているなら、その後押しをさせてください。

—–

—–

記念ヌード撮影のお客様は、

ありのままの自分を表現しいと願うLGBTの方や、

女性経営者、
離婚を経験した方、

DV被害者の女性、
乳がんを患った方など

皆様、さまざまな背景があります。

I’m a Japanese female photographer.
I take portrait “nude” photos.

The background of my clients are varied; LGBTs who love who they are, the women in the age group of 50-60 wishing to capture their moments in frame, divorced women, female victims of DV, patients and/or survivors of breast cancer and so.

They say that they set them free during the photo shooting.

What I provide is not the photo, but the improvement of their self-esteem that gives courage to move forward to the new chapter of their lives.

—-

<写真家案内>
-写真家.幸野朱里(kouno akari)

愛知県名古屋市出身
2004年名古屋ビジュアルアーツ入学
2006年 写真学科卒業後
写真館.スタジオにて
フォトグラファーの勤務を経て、
2012年 写真家として独立

-資格-

・一般社団法人CialFrame(シャルフレーム)発行_LGBT検定上級取得(2021年)

-個展-
2013.7月 アート写真作品展示会@名古屋
2013.9月 「真•行•草」写真展@愛知県
2013.10月「1/fのゆらぎ」写真展@名古屋
2014.2月 「希望の妖精」写真展@名古屋
2014.3月 「悟」写真展@名古屋

2015.4月 「解放」写真展@名古屋市民ギャラリー

2021.4月17日「多様性を認め合うことについて」講演会開催

—-