新しい価値創造

0104前回のブログの、ご夫婦で撮影にいらしたお話の続き。

撮影後日、

「自宅の壁に飾るように、

大きなポスターサイズの写真」を

数点、

追加オーダーいただいたのですが、

これもまた驚き!!

「奥さまのヌード写真を

普段目の届く所に飾る。」

日々、どういった心境が

旦那さまから沸き起こるのだろうかと

想像すると、

何だか

凄くドキドキしました!!

ちょっと照れますね。笑

写真は、

[プリントするのと

データでパソコンで見る]のとでは

受け取れる、

作品のパワーが、全く異質です。

また大きさでも違って、

大きければ大きいほど、

パワーが宿っています!

このご夫婦の撮影からは、

数年経過していますが、

今もこれからも

ずっと、

奥様のヌード作品を飾っていただけていたら、

とても嬉しいです。

こうして振り返ると、

ヌード撮影によって、

「新しい価値創造」が出来るのではないかと、

感じています!

お客様からのオーダーを受ける事で、

気付きや発見があり、

それが、創造に繋がる感覚です。

「新しい価値創造」

時代の流れと共に、

変化していける様な、

そして、

社会に必要とされるものを

生み出していきたいです!

□写真家 幸野朱里

名古屋を拠点に、女性ヌード撮影を行っています。

facebookページいいね👍お願いします!

*詳細はこちら

*撮影ご希望の方はこちら

(フォームよりご連絡お願いいたします。)

ご夫婦で

c085

奥様の撮影をする現場で。


以前、

ご夫婦の旦那様より、

奥様のヌード撮影をしてほしいと、

ご依頼いただきました。



この旦那様は、普段から奥様の写真を撮っているのですが、

プロに撮影をお願いしたいとの事。

そうご依頼いただき、

撮影当日、

お二人ご一緒に

撮影会場にいらしていただきました。



メイクなども全て、こちらにお任せいただいていて、

旦那様は、近くの椅子に座って、

ゆっくりと見学をされていらっしゃいました。


優しい眼差しでしたが、

私は、初めとても緊張したのを覚えています!



ただ、メイクを仕上げ、

ポーズをとり撮影が進むにつれて、

旦那様が、奥様を和ませるような

「声かけ」をして、

撮影を盛り上げてくださったこともあり、

私とメイクさんとの撮影現場とはまた違った

「表情」の作品に

仕上がったと思っています!



その場の全てを巻き込み

全ての力をお借りして

撮影させていただると、

その撮影の現場の空気に、より一体感が生まれます!

撮影者側も、より達成感.手応えの増す感覚があります!



ただ心残りが一つ…

ご夫婦の写真も、

撮影させていただけたら、

もっと素敵な撮影になったと思っています。

(旦那さまは腕だけでも撮影NGだったので残念でした)


□写真家 幸野朱里

名古屋を拠点に、女性ヌード撮影を行っています。

facebookページいいね👍お願いします!

*詳細はこちら

*撮影ご希望の方はこちら

(フォームよりご連絡お願いいたします。)

違う事のすばらしさ

「女神」

一貫して、この1テーマがあります。

古代神話に出てくる女神像。

その姿は、今でも語られ、

絵画などの作品として広く知られ、

存在し、今も尊厳や自由、美などの象徴として

人間の遺伝子の中に組み込まれている

神秘や崇拝の象徴。

古くから知られる女神は、特別な存在。

その様な、象徴的な存在だけでなく、

人はみんな、いつでもすでに自身にとっての最高の女神。

だと私は思います。

誰かに認められる姿だけが素晴らしい存在なのではなく、

もう

すでに素晴らしい存在である。と。

その事を撮影される方々には、ぜひ知ってほしい。

何が誰にとっての美しさか。

正しさ。

自由。尊さ。

どれもが、みな違います。

違う事が素晴らしい。

そう認め合える世界であってほしい。

と撮影を通じて、写真を通じてお伝えできたらと思っています。

□写真家 幸野朱里

名古屋を拠点に、女性ヌード撮影を行っています。

詳細はこちら

http://lee0715.com

〇撮影と取材にご協力いただける方募集中です!

服を脱ぐこと≠裸になること

服を脱ぐこと≠裸になること

女性のヌード撮影をしていて、

お客さんが裸になって撮影してほしいという依頼があるので、

その撮影現場があるのですが、

皆さん、私と対峙して撮影現場にいらっしゃると

自然に、「服を脱ぐ」ことをされます。

これって、当たり前の様ですが

当たり前ではないと私は思っています。

ヌード撮影と言っても、

裸になるのが、「心」であれば、

服を着ていても、それは「ヌードの作品」だと、

私は思っているからです。

矛盾しているかな。

服を脱ぐことと、裸になることは必ずしもイコールではないという事です。

裸を撮ることと、ヌードの撮影とは、

違います。

私はそう思っています。

裸になって、逆に恥ずかしさからか、

体が固まってしまうお客様も実際いらっしゃいます。

無理しないでほしい。

心が許せるまで、ゆっくりと時間をかけて

ご自身の心と向き合っていただきたい。

そう思っています。

□写真家 幸野朱里

名古屋を拠点に、女性ヌード撮影を行っています。

詳細はこちら

http://lee0715.com

〇撮影と取材にご協力いただける方募集中です!