レスリーキーさんの作品について

レスリーキーさんのメンズヌード作品は、なぜいけなかったのか?

 

 

私も大好きな

シンガポール出身の写真家、

レスリーキーさんは、彼の芸術作品として

メンズヌード作品を発表されています。

 

その作品をめぐって、彼がわいせつ罪で逮捕される。という事件が、

数年前にありました。

 

その当時は、このニュースにあまり関心が無かったのですが、

自分もヌード撮影をする様になってから

改めてネットでニュースを探してみました。

 

芸術作品は、見る方によって

見方が違うので、

判断が難しいのかなと正直思います。

 

が、

私の意見として、[逮捕]はやりすぎでは!と感じました。

 

良い作品が出来たら、それを発表したいという想いが湧くのは、

創作者としては、

あまりにも必然だと思うからです。

 

 

芸術は心を幸せな気持ちにしたり、豊かさをもたらしてくれます。

 

私も一枚の心のこもった写真を見て、

感動し自分の行動が変わったという経験が何度もあります!

 

それだけではなく、

時には、悲しい寂しい想いを感じさせたりすることもありますが、

芸術作品では、それもまた欠かせない要素なのかなと

私は思っています。

 

良いも悪いもなく、全て完成されています。

 

 

昨今、世間ではSNSの使い方、発信の仕方に問題がないか。

という論争も激しくなっているので、

一概に判断できないので、ホント難しい。

 

最善の選択をしていく。

発信する者が責任を持ち、愛を届けられたら、いいのに。

 

 

何はともあれ、

ヌード作品の発表というのは、いろいろ制限があったり

難しいテーマなのかなと思う反面、

これは、私に今与えられたテーマなので、

これからまた撮影させていただく皆さんに、

愛を持って、一緒に作品を生み出せたらと思います!

 

(レスリーキーさんは、

超超超一流の有名写真家さんで、今も世界中で活躍されています!)

 

 

□写真家 幸野朱里

名古屋を拠点に、女性ヌード撮影を行っています。

詳細はこちら

http://lee0715.com

〇撮影と取材にご協力いただける方募集中です!

 

 

 

 

 

有名なヌード作品から思うこと

有名なヌード作品から思うこと

有名なヌード作品といえば、

おじさん世代の方々なら、あの超!有名なヌード作品を

一度は見たことがあるのでは!と。

篠山紀信さん撮影、

宮沢りえさん「サンタフェ」の写真が有名ではないでしょうか。

この作品がブームになった時には、

私は確か小学生だったかと思いますが、

大人になってテレビで何度か話題になっていたのを

覚えています。

当時、18歳の宮沢りえさん。

ホント美しくて、

女性が見ても、憧れが湧く作品ではないでしょうか。

被写体も最高であれば、

カメラマンも世界の篠山紀信さんですから

話題になるのも、わかる気がします。

それに加え、篠山さんは取材に対して

「聖なる人を撮っている」と語っていらっしゃたとの事なので、

さらに納得です。

そして、

私が個人的に衝撃的だったのは、

やはりアラーキーの作品の中の、

荒木さんご自身の奥様のヌードの作品です!

あれは確か、

東京のギャラリー展で拝見したのですが、

ロープを使っていて、とても生々しい作品。

でした!

けれど、なんだか優しさで包み込まれるような不思議な感覚がありました。

今、同じ展示条件で同じ作品を見たら、

また感じるものを違うかもしれませんね。

とにかく衝撃!

「衝撃さは、ずば抜けていましたね!」

私は、

「写真家は料理人と似ていると感じています。」

被写体が最高な素材であれば、

そのまま出してもそれはホントに素晴らしいものが

提供できます。

写真家が、カメラを生かして、

その被写体をさらに素晴らしく導いていき、

写真として見ていただく方々にお伝え、お届けする。

その一連の中で、創作していくこと。

ヌード撮影にも、その創作を忘れてはいけませんね。

有名な作品は、創作力が素晴らしい。

 

 

 

□写真家 幸野朱里

名古屋を拠点に、女性ヌード撮影を行っています。

詳細はこちら

http://lee0715.com

〇撮影と取材にご協力いただける方募集中です!