自分だけで楽しむ写真、見せるための写真

1962266_1413863392198881_1710383339_o

自分だけで楽しむ写真、見せるための写真

今まで、ヌード撮影をされた方は、

大きくざっくりと、

次の2タイプに分かれます。

「第三者に写真を見せるために撮影する。」

方と、

「自分だけで見返し楽しむために撮影する。」

方と、いらっしゃいます。


体の状況や

心の変化など

様々あります。


後者の、

「自分だけで見返し楽しむために撮影する」

というのは、

「自己満足」の世界だと思われる方が

以前、撮影を依頼下さったお客様にいらっしゃいました。

ただ、それでも、

ヌードを撮りたい。とのお話を受け、

撮影させていただきました。

もしも、

「自己満足」だと思われていても、全く問題ありません!

むしろ、

その気持ちを貫いて、いろんな事に挑戦されていて

素晴らしいと思います。


ヌード撮影の経験は、

限られた方の経験になっていると思います。


心の赴くまま、

挑戦された事で、

必ず人生に変化が生まれていると思います。


私はそう信じています。


あの時の経験を、私がこの様に振り返り

ブログ記事にして、今語る事ができるのも、

そのお客様が、

ご自身のお気持ちをお知らせいただいたからです。


感謝しています。


自己満足!の気持ち、大歓迎です。


□写真家 幸野朱里

名古屋を拠点に、女性ヌード撮影を行っています。

*詳細はこちら

*撮影ご希望の方はこちら

(フォームよりご連絡お願いいたします。)

今と過去と未来

0204


写真は、常に今の自分から見たら

過去で起きたことの記録。

 

けれど人は、常に「今」を生きています。

 

「だから、起きた事実は変わらないけど

過去は変えられる」と、

私は思っています。

 


 

今、どんな気持ちで生きて

その今から、

どうやって、過去を見返すのか。写真を見返すのか。

だから、今!!


 

だから、その今をどうしていくのか。どう生きていくのか。

今に集中して、未来につながる撮影にしよう。

 


 

□写真家 幸野朱里

名古屋を拠点に、女性ヌード撮影を行っています。

*詳細はこちら

*撮影ご希望の方はこちら

(フォームよりご連絡お願いいたします。)

 

 

 

 

 

なぜヌード撮影をしているのか

なぜヌード撮影をしているのか

はじめは、ヌード撮影希望の女性の依頼から始まりました。
乳がんの患者様でした。

 

その依頼を受けた際に、

「他に、女性ヌード撮影しているところを知らない。
出会えてよかった」
とおっしゃっていただきました。

 

その時に、
「自分が女性であることと、写真を撮影している」
という事が、
誰かの「お役に立てている」のだと改めて実感いたしました。

 

そして、もっとお役に立てることがある、出来るかもしれない。
と、思い立ち、
女性ヌード撮影を撮影メニューとし、
HP を立ち上げ、活動をしていくことにしました。

 

この女性ヌード撮影をはじめてから、

約6年経過し
その間、色々な方からご依頼をいただきました。

 

撮影の際に、

どうして撮影したいと思われたかの経緯をお伺いしていますが、
ホントに色々なご事情や、想いなどがあり、
この撮影を始める前の私の想定を超えていました。

(このご事情などのことは、別のブログでご紹介できたらと思っています。)

 

私自身、お客様からたくさんの学びをいただくことがあります。

撮影の前に、涙を流されるほどの想いを

聞かせていただいたこともあります。
私は、この目の前の方に何がしてあげられるのだろう。
どうしたらよいのだろう。
と真剣に向き合わさせていただくと、

 

撮影することは、一つの行いであって、
それ以外の準備から、
メイクを施し、お話しをしていくすべての行為が
とても大事だと気付かされます。
ほんの些細な会話が
励ましになるということもわかりました。

 

「愛と光」

これからも、

撮影した写真が、お客様の希望になると信じ

ヌード撮影を行っていきたいと思います。

 

そして未来、

「戦地で戦う人々に花を渡し、武器を捨てた笑顔の写真を撮りたいと思っています。」

このヌード写真は、世界平和へとつながっていきます。

 

始めに

 

写真家 幸野朱里

名古屋を拠点に、女性ヌード撮影を行っています。

詳細はこちら

http://www.photo-nude-ash.com

 

愛を贈りたい

何もできない。

けど、写真を撮ることはできる。

もし、自分が乳がんになったら、自分は自分の写真を撮るのか。

正直わかりません。

ですがその撮る写真は、

確実に自分の人生の歩みの証明

だと思えるもの。

になると思います。

—-

もし、私が撮られる側になったら、どんな風に撮影をしてほしい。。?

それを考えていくと、まず自分が女性であることを嬉しく思いました。

自分だったら、女性になら自分の体を見せることができると思ったから。

それだけでもう自分には、

このヌード撮影をすることの権利は、与えられていると感じました。

—–

もし、私が撮られる側になったら、どんな風に撮影をしてほしい。。?

抽象的ですが、

撮影を通じて、私の「愛」を伝えられたらと今は思います。

今も毎回模索しながらですが、撮影を通じて

ただ目の前のお客様に対して、愛を贈っています。

(つづきます)

始めに

幸野朱里

名古屋を拠点に、女性ヌード撮影を行っています。

詳細はこちら

http://www.photo-nude-ash.com