心の健康

 

写真家の幸野朱里です。


 

「乳房再建」って知っていますか?


 

私は、数年前まで全く知らなかったです。

 

乳房再建は、年々認知度も上がり、

乳房再建までが乳癌治療という考えも年々強まっているそうです。

 

—–

 

私が、この乳房再建を知るきっかけは、

ヌード撮影させていただいた方が、

その乳房再建をされていらっしゃったからです。

 

—-

 

当時の心境や、実際の今の乳房を触らせていただいたりと、

経験をしなければ知ることの出来ない現実を

撮影を通じて、

教えていただく機会に恵まれました。

(教えていただかなければ、気付けないほど自然な乳房でビックリしました!

体重増加があると、若干左右のバランスが変わったりもするそうです。)

 


 

その方は、今、とっても明るくて前向きで健康で。


乳がんになったから、気づけて事を

たくさん教えてくださりました。

 


「心が元気でなければいけない」


それを体現されていてる姿を見させていただくと、

自分の奥深くから、ふつふつと力が湧いてきます。

 


この、撮影を通じて

私ができる事とは何か。



その彼女の今の健康な姿を撮影し写真にすることで、

 

もしまた、心が病んでしまったり

落ち込んでしまったことがあっても、

その撮影した時の気持ちをいつでも思い出せるような写真に。

 


彼女は、もう病気を乗り越えたのだから、

これから、とても素晴らしい人生になるしかないですが!!

 

 



 

 

 


 


ヌード撮影は、全国出張撮影してます。


関東、関西と行っていますので
それ以外の場所も、
お気軽にお問い合わせください。



 


□写真家 幸野朱里

名古屋を拠点に、記念ヌードの撮影を行っています。

 

全国出張の可能です。

*撮影ご希望の方はこちら

*HPは、こちら(ブログ更新中)

(フォームよりご連絡お願いいたします。)


ブログランキングに参加しています↓

(押していただけたら励みになります。お願いします!)

ブログランキング・にほんブログ村へ

facebookページいいね👍お願いします!

関連記事↓

 

 

今の私がこれからの人生の中で一番若い

どんな方がヌード撮影の依頼をするのか。

 

以前、乳がんリスクという本に、

女性は、妊娠中に生理がとまり

女性ホルモンが調整される。

 

子供を産むということで、乳がんのリスクを下げられる。

書いてあったと記憶しています。

(詳しくご存じの方、間違っていたら教えてください)

 

 

なので、社会との関わりが増えた現代では、

 

子供を産まないという方も年々増えていると聞くので、

 

乳がんのリスクは、以前に比べて高まっているそうで。。。

 

 

そうした方からの撮影依頼もそうですが、

 

 

撮影依頼される皆さんから、

「今の自分を残したい」という想いを感じています。

 

 

また、

撮影を希望される方は、30代後半より上の方々も多いです。

 

60歳前後もいらっしゃいます。

「人生の節目」

その時に、ヌード撮影をする。

 

この撮影をさせていただき、

色々な人生の節目のお話を聞かせていただきました。

 

そういった撮影される方のお話を聞いていて、

どの方からも、

 

「今の私がこれからの人生の中で一番若い。」

 

そういった想いを、必ず感じます。

 

 

 

「常に日々が、人生の節目であって、ターニングポイント。」なんだ。

 

撮影を通じて、そうお客様から思わさせてもらいます。

 

毎日を大切に生きていく。

 

その事が何よりも、尊い事なんじゃないかな。

と思います。

 

 

※乳がんについて、そして、

今まで撮影された方の事も、今後記事を書いていきたいと思っています。

 

 

□写真家 幸野朱里

名古屋を拠点に、女性ヌード撮影を行っています。

詳細はこちら

http://lee0715.com

〇撮影と取材にご協力いただける方募集中です!

何もできない

今、あの彼女はどういった人生を歩んでいるのだろうか。

 

今は疎遠になってしまいましたが、

彼女らしく、しっかりと歩んでいると信じています。

 

ヌード撮影のきっかけをくれたことに、感謝をしています。

 

 

 

もし、自分が同じ乳がんになったとしたら、

彼女の様に、写真を撮ってもらって、未来にその写真を残そうと思えるだろうか。

 

私の友人に、

乳がんになり闘病中の女性がいます。

 

その友人と話していると、

乳がん患者になって押し寄せる、恐怖の感情を何度も聞いたことがあります。

 

病院では、手術前の人体実験の物のような、

女性の写真を何度も見たそうです。

 

それは、患者さんに手術の前と後の、体の変化を伝えるものだそうですが、

 

それを見た友人は、悲しみが押し寄せてきたそうです。

 

 

………………….私には、何ができるのか。

 

何もできない。

 

 

私は、医者ではないから病気を治すことはできない。

 

自分の力不足に悲しくなりました。

 

(つづきます)

 

始めに

幸野朱里

名古屋を拠点に、女性ヌード撮影を行っています。

詳細はこちら

http://www.photo-nude-ash.com

 

はじめての依頼

2012年、私にご依頼くださった方は、

乳がんになった女性の方でした。

もともと、共通の知り合いの方の紹介という形で

お話させていただきました。

 

…どうして撮影をしたいと思ったのか…

 

今の自分を残しておきたい。

 

やはり、この答えでした。

 

私が写真館時代に、アシスタントをしたお客様の様に、

撮影する彼女にとっても、

この撮影や仕上がった写真が、喜びや希望になれば嬉しいな。

 

私は医療に携わる者ではないけど、

写真を撮影し、届けること。

そのことを通して、

 

「何かここから、彼女の歩む人生の中での小さな光になれたらと。」

 

思いました。

 

(つづきます)

始めに

幸野朱里

名古屋を拠点に、女性ヌード撮影を行っています。

詳細はこちら

http://www.photo-nude-ash.com