中性的と言われ

 

写真家の幸野朱里です。

 

私は、小学生の頃から
周りからよく
中性的と言われてきました。


私にとって、
この中性的は、
誉め言葉です。




見た目からいえば、

今は、ショートカットですが、
ロングヘアーもあります。


ファッションも、
パンツスタイルも
スカートも
好きなものは好きに
自由に
楽しんでいます。



メイクもネイルも、
大好きです。



よく周りから言われた
中性的。




これは見た目もあるかもしれませんが、

「自分自身の考え方」
から、
通じているのだと
感じています。




少し前に、
「アナと雪の女王」のブームがあった時、

「ありのまま」

「ありのままで生きる」


というテーマが、
フューチャーされていました。




このブームの頃、
私自身は既に「ありのまま」で
生きている感覚があったので、
このテーマには、
特別、響くものは
正直ありませんでした。

 

逆に、「ありのまま」で生きられない人生
とは…!?

それは、どういった状況なのだろうか。と。







「性別や、立場など関係なく、私は私」



と、
そう私は思っているからか、
「ありのまま」なのか、違うのか。
そういった事自体の区別の
意識が無いからだと思います。






今の時代、
「ジェンダーレス」
という言葉もある様に、

性別関係なく、一個人して
認められる環境が
整いつつあります。



もちろん、様々な考えがあるので、
自分と周りとの
意識の違いに驚き、
心からの自由。を、
感じとれない時も
あるかもしれません。



ただ、





「自分で自分を喜ばせてあげること




それだけ。


それをしていければ、良いのだと

私は思っています。




人生は短いです。

自分の思うままに、やりたい事をして、
好きに生きましょう。





□写真家 幸野朱里

名古屋を拠点に、記念ヌードの撮影を行っています。

全国出張の可能です。

*撮影ご希望の方はこちら

*HPは、こちら(ブログ更新中)

(フォームよりご連絡お願いいたします。)


ブログランキングに参加しています↓

(押していただけたら励みになります。お願いします!)

ブログランキング・にほんブログ村へ

facebookページいいね👍お願いします!

関連記事↓




自分だけで楽しむ写真、見せるための写真

1962266_1413863392198881_1710383339_o

自分だけで楽しむ写真、見せるための写真

今まで、ヌード撮影をされた方は、

大きくざっくりと、

次の2タイプに分かれます。

「第三者に写真を見せるために撮影する。」

方と、

「自分だけで見返し楽しむために撮影する。」

方と、いらっしゃいます。


体の状況や

心の変化など

様々あります。


後者の、

「自分だけで見返し楽しむために撮影する」

というのは、

「自己満足」の世界だと思われる方が

以前、撮影を依頼下さったお客様にいらっしゃいました。

ただ、それでも、

ヌードを撮りたい。とのお話を受け、

撮影させていただきました。

もしも、

「自己満足」だと思われていても、全く問題ありません!

むしろ、

その気持ちを貫いて、いろんな事に挑戦されていて

素晴らしいと思います。


ヌード撮影の経験は、

限られた方の経験になっていると思います。


心の赴くまま、

挑戦された事で、

必ず人生に変化が生まれていると思います。


私はそう信じています。


あの時の経験を、私がこの様に振り返り

ブログ記事にして、今語る事ができるのも、

そのお客様が、

ご自身のお気持ちをお知らせいただいたからです。


感謝しています。


自己満足!の気持ち、大歓迎です。


□写真家 幸野朱里

名古屋を拠点に、女性ヌード撮影を行っています。

*詳細はこちら

*撮影ご希望の方はこちら

(フォームよりご連絡お願いいたします。)

気持ちがリンクする

 

「2015年に開催した女性ヌードの写真展「解放」

temji

 

 

なぜ、この解放というテーマを付けたのか。

 

ヌード撮影をされる皆さんから、

なにか、現状の変化をのぞんでいたり、

今よりもっと飛躍していきたい!という想いを感じたからです。

 

と、当時は思っていました。

今は、

この考えは、その当時の自分の事だったのだと。思っています。


 

自分自身が、日々写真を撮って、プロとして活動していく中、

常に近くにある「写真という存在。」

「私にしか撮れない作品はなにか!?」

と模索をしている中で出会った、ヌードの撮影という

一つのテーマ。

 

このテーマと向き合うことを与えられて、

いったい自分に何ができるのだろうか。。。

 

そういった模索しながらも、撮影に臨んでいた時期でした。

 

 

だからきっと、

引き合わせがあって、そういった気持ちをお持ちであった

撮影された皆さんとの出会いがあったのだと

感じています。


当時、撮影をされる皆さんから、

(撮影に臨んだ理由など聞かせていただくと、)

「解放」

という言葉がしっくり来ていました。

 


「解放」

ありのままの姿を写真に残す。ヌード写真は-自分史-です。

女性写真家が残す、ヌード写真。

もっと自分を自由に。あなたのありのままを見つめてほしい。

そこから、もっと素晴らしい時が始まる。


 

写真展では、やはり作者の想いが強く反映されます。

 

きっと、当時の私が

「解放」を望んでいたんだと、今、気づかされます。

 

□写真家 幸野朱里

名古屋を拠点に、女性ヌード撮影を行っています。

詳細はこちら

http://lee0715.com

〇撮影と取材にご協力いただける方募集中です!