ありのままでいたいと願う気持ち

写真家の幸野朱里です。

撮影のお申込みの際に、

今のありのままを撮影してほしい


こうした言葉をいただく事が多いように感じています。

この言葉の裏に隠れているのは、

きっと、

普段

ありのままの自分でいられていないという事なんではないかなと

感じています。


男性であったり、

LGBTの方であったりと様々ですが、

その気持ちを、ヌード撮影を通じて感じているから

私は、

その

「ありのままでいたいと願う気持ち」を

叶えてあげたいと

ヌード撮影をしています。


ありのままの自分でいられない事の苦しさは、

LGBTの当事者でない私にも

分かります。


結婚しないと一人前として認めてもらえない。

組織を円滑にするには、自分の意見を隠して

周りに合わせなければならない。

建前


自分を締め付けるものや出来事は、

数えたらキリがない。


そんな状況から、

自分を表現して生きていくには、時間がかかったり、

周りの理解が必要であったりして、

私自身、苦しい時もありました。

誰にも理解してもらえない。

それを感じて、先に進めなくなってしまう事だってありました。


人との出会いや、出来事一つで、

見える人生の景色が変わる事があります。


その見える景色を、鮮やかに美しく広げていきたい。

それは、私自身も常に願っていること。


その景色を、見てほしい!

ヌード撮影で、ホントの自分の人生を歩みだしてほしい。


そう、願っています。


□写真家 幸野朱里

名古屋を拠点に、記念ヌードの撮影を行っています。

全国出張の可能です。

LGBT 記念ヌード撮影

*撮影ご希望の方はこちら

*HPは、こちら(ブログ更新中)

(フォームよりご連絡お願いいたします。)

更年期とヌード撮影

私のお世話になっている方の
娘さんの書かれた本を受け取ったのですが、
今の関心事に関連していて
引き寄せてしまった気がする📕✨

記念ヌード撮影は、
まさにこの世代の方の撮影依頼が主ですし、
先日行ったオンラインイベントでも、
この閉経前後で感じる想いや
心の変化が大きくて、
周りの環境の中、理解されず我慢してしまう女性は
多いんじゃないかなーって感じる。

“がまんしない自分”でいるって、
とても大事なこと。

この本から改めて感ました😊
届けてくれた先生に感謝😊

幸野朱里オフィシャルページ
https://lee0715.com/

*記念ヌード撮影のオンラインイベントの
申込みはこちら(前回のアーカイブ視聴も出来ます)↓
https://photonudeash.thebase.in/items/32285177

記念女性ヌード撮影

写真家 幸野朱里

多様性

ボーダレス

撮影

photographer

photography

カメラマン

思想

追求

lgbt

マタニティヌード

私たちが脱ぐ理由

ジェンダー平等

人種

エイジズム

還暦のお祝い

写真家の幸野朱里です。


 

還暦のヌード撮影

 

先日も、還暦のお祝いにヌード撮影をさせていただきました。

 


実は、還暦のタイミングでのヌード撮影は、

以前にもありました。

 

そして、この春先にもまた

撮影の予定があります。

 


還暦と言えば、

生まれてから60年、また新たなスタートのタイミングでもあります。

そのタイミングで撮影にのぞむ姿は、

これからの人生を進む、

とても挑戦的で力強さを感じる瞬間でもあります。


赤いリップを塗ったり、赤いバラを用意し、

還暦の赤いちゃんちゃんこを着るのではなく、

生まれた時のように、

心も身体も裸になり、

自分を愛おしんでいる姿は、

とても素敵です。

 


撮影したご自身の写真を見て、

垂れた、太ったなど語りあうことも、

一つ挑戦した証。

 


還暦祝いのヌード撮影が、

今後の人生を力強く歩んでいく、

後押しになることを願っています。

 


そして、今後の挑戦も応援しています。

 

□写真家 幸野朱里

名古屋を拠点に、記念ヌードの撮影を行っています。

全国出張の可能です。

*撮影ご希望の方はこちら

*HPは、こちら(ブログ更新中)

(フォームよりご連絡お願いいたします。)


ブログランキングに参加しています↓

(押していただけたら励みになります。お願いします!)

ブログランキング・にほんブログ村へ

facebookページいいね👍お願いします!

関連記事↓

 

 

 

アートでなく記録

写真家の幸野朱里です。


 

久しぶりに更新します。

 


またお付き合いどうぞよろしくお願いいたします。




さて、以前募集をしたモニターの皆様の撮影した

お写真は、写真展にて皆様にもお見せしていきたいのですが、

その見せ方などを、色々と考えておりますので、

また発表楽しみにお待ちいただけたらと思います。

新しい試みもありますので、もうしばらくお待ちください^^



 

ヌード撮影は、アートですね。

と言われることが、以前からよくあるのですが

実は、その「女性ヌードはアート」という言葉が、

最近は特に、私の撮影においては違う。

な、と考えています。


 そもそも、私にとっての写真は、

芸術よりも記録に近い存在だからです。


ただ、記録といっても

撮影者の意図が、必ず入りこみますので、

真に、「客観的な記録」とも言えず、


そもそも何を、芸術というのかという基準も

曖昧なところなのですが。

禅問答の様になって、いつもループにハマっていまいますw



 ただ事実なのは、

私がカメラ越しに見ている世界は、

過去から現在、未来につながる「今」という世界です。

そこには、今までの時間の経過の「結果」があります。

 


撮影にのぞむ方々が、歩んで来られた人生の

長い長ーい道の、今という「点」

 


だからこそ、その時をどう過ごされているのかを、

写真に記録しています。

 


落ち込んでいたって、

悲しい気持ちであっても、

逆に、最高にワクワクした気分で、

解放された様に、

新しく生まれ変わる様に感じていたりしても、

どんな姿であっても、

すべて、今はそれが完璧なあなた!です。

 


そうした姿を、私から見える事実の記録を、

これからも、したいと思います。


□写真家 幸野朱里

名古屋を拠点に、記念ヌードの撮影を行っています。

全国出張の可能です。

*撮影ご希望の方はこちら

*HPは、こちら(ブログ更新中)

(フォームよりご連絡お願いいたします。)


ブログランキングに参加しています↓

(押していただけたら励みになります。お願いします!)

ブログランキング・にほんブログ村へ

facebookページいいね👍お願いします!

関連記事↓

 

 

彼女の伝えたい想い

見られることに恥ずかしさはあるのかどうか

 

「自分のセミヌードで、同世代の女性に勇気を与えられたら。。。」

と教えてくださった女性がいます。

 

 

その女性は、

 

私がヌード撮影を始めるときに、

資料用に撮影をお願いした女性で、

 

快くセミヌード撮影のモデルを引き受けてくださったのですが、

 

 

当時43歳の彼女は、

「自分のセミヌードの作品を公開することで、

その作品を見てくださった同世代の女性に勇気を与えられたら嬉しい」

と、引き受けた理由を教えてくださいました。

 

 

この、強さの感じる言葉に、

私は嬉しさと同時に、この彼女のセミヌード作品を

公開をして、

彼女の想いを伝えなければと!

心を動かされました。

 

 

見る事で伝えられる想いがあります。

 

 

写真をしっかり見ていただき、

想い届けること。

 

それには、写真をしっかり見れる場所、空間が必要でした。

 

また、近いうちに展示会を開催していきたいと思います。

 

以前開催した、この彼女のセミヌード作品の展示会では、

きっとこの彼女の想いを、みなさんに届けられたと信じて。。

 

□写真家 幸野朱里

名古屋を拠点に、女性ヌード撮影を行っています。

詳細はこちら

http://lee0715.com

〇撮影と取材にご協力いただける方募集中です!

 

 

三回目の撮影

また、何年後かに撮影をしたいと思うのだろうか

 

 

今までのご依頼で、

2回撮影させていただいた方がいます。

こちらの方は、今年、3回目の撮影を予定しています。

 

 

ご依頼いただき、ホントに嬉しいです!

それぞれの撮影の際に、お話しをうかがうと

年々、進化されていらっしゃるので

3回目の撮影では、

またどんな進化された姿なのか、今からわくわくしています!

 

 

住む場所や、生活スタイルが変わると、心も変わっていきますよね。

これは、心が変わったのが先なのか、

行動の変化が先なのかは、禅問答の様ですねw

 

 

さて、こうして何度も撮影されていくと、

残っていく写真の価値はどんどん増して行くように思います。

1回目の撮影の時から、

今回3回目の撮影と「変化していく姿を、残していく。」

 

 

私も、その時に立ちあい、撮影を通じ、その経験させていただける事。

それが、私の人生の宝物になっています。

 

ホントにありがたい事です。

しっかり、3回目の撮影に向けて準備をしていこうと思います。

 

 

□写真家 幸野朱里

名古屋を拠点に、女性ヌード撮影を行っています。

詳細はこちら

http://lee0715.com

〇撮影と取材にご協力いただける方募集中です!

女性ヌード撮影と、その撮影における 取材.インタビューにご協力いただける方を探しています

「女性ヌード撮影と、その撮影における
取材.インタビューにご協力いただける方を探しています」
通常
撮影料10万円のメニューですが、
取材のご協力のお礼として、
39,800円(税込)でご提案させていただきます!
(詳細はお問い合わせください)
内容:
1.撮影した写真は、SNSなどで利用させていただきたいので、
そちらをご了解いただける方(掲載してもセミヌード程です)
2.取材に関しては、撮影前、後、に感想を伺ったり、
インタビュー形式で動画を撮影させていただきたいと考えています。
3.撮影現場には、カメラマン、ヘアメイクの2名と撮影される方で行います。
4.コロナ対策として、スタッフはマスク着用など対応します。
5.撮影時期は、ご協力いただける方と予定を確認し決めたいと思います。夏の間を予定しています。
6.撮影場所は名古屋市内を予定しています。現地まで来ていただける方でお願いいたします。
7.募集人数は、1~2名と考えています。
簡単なご質問だけでも大丈夫です。
全てフォームより、ご連絡お願い致します☆

写真家 幸野朱里

名古屋を拠点に、女性ヌード撮影を行っています。

詳細はこちら

http://lee0715.com

 

愛を贈りたい

何もできない。

けど、写真を撮ることはできる。

もし、自分が乳がんになったら、自分は自分の写真を撮るのか。

正直わかりません。

ですがその撮る写真は、

確実に自分の人生の歩みの証明

だと思えるもの。

になると思います。

—-

もし、私が撮られる側になったら、どんな風に撮影をしてほしい。。?

それを考えていくと、まず自分が女性であることを嬉しく思いました。

自分だったら、女性になら自分の体を見せることができると思ったから。

それだけでもう自分には、

このヌード撮影をすることの権利は、与えられていると感じました。

—–

もし、私が撮られる側になったら、どんな風に撮影をしてほしい。。?

抽象的ですが、

撮影を通じて、私の「愛」を伝えられたらと今は思います。

今も毎回模索しながらですが、撮影を通じて

ただ目の前のお客様に対して、愛を贈っています。

(つづきます)

始めに

幸野朱里

名古屋を拠点に、女性ヌード撮影を行っています。

詳細はこちら

http://www.photo-nude-ash.com