自己紹介2

そのスタジオ勤務では、

結婚式場の写真室に出勤をし

土日は、結婚式の撮影を行っていました。

平日に土日に撮影した、写真データの処理をしたり、

そして前撮りをしたり。

という形でした。

もちろん、はじめは先輩についてアシスタントから。

 

そしてメインで撮影をさえていただけるようになり、
毎回学びがたくさんありました。

その結婚式場では、一日に最大6組の挙式披露宴があり

 

早朝から夜遅くまで、
撮影をしたり、

外注のお願いしているカメラマンの対応をしたり、

平日は、比較的穏やかだったので、

忙しさのギャップはホントに凄まじかったです!w

 

結婚式の撮影ができる様になることは、
写真館に勤める前から考えていたことだったので

 

スタジオ勤務を経て、

そのスキルを得られた意義は、私にとってとても大きかったです。

 

もちろん、日々学ぶことは今でもたくさんあります。

そのスタジオの勤務は、約3年間させていただきました。

 

当時、

会社から経営者の集まる会に、参加する機会を与えられ、

今までの人脈と大きく関わりが変化することがありました。

 

その会での、

経営者同士での会話を聞くうちに、

自分にも、その経営者の会話にもっと入っていきたいと思うようになりました。

 

いちスタッフでは

「料金を決められない、」「自分の理想を追いかけることに限りがある」
など、

その当時の、

自分の立ち位置では
「越えられない壁」があることに気づいたからです。

 

変わっていきたい。と一念発起し、

写真家として独立をすることを決め、行動に移していきました。

 

(つづきます)

 

始めに

 

写真家 幸野朱里

名古屋を拠点に、女性ヌード撮影を行っています。

詳細はこちら

http://www.photo-nude-ash.com

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中